国際連帯共同行動研究所

記事一覧(140)

第15号(P.8)書評『祖国が棄てた人びと』

金孝淳著・石坂浩一監訳『祖国が棄てた人びと』在日韓国人留学生スパイ事件の記録合同・一般労働組合全国協議会事務局長 小泉義秀 11月22日、立教大学池袋キャンパスで『祖国が棄てた人びと』(金孝淳〔キムヒョスン〕著、石坂浩一監訳/明石書店)の出版記念講演会「在日韓国人政治犯を記憶するために」が開催され、私は元死刑囚・姜宇奎(カンウギュ)さんを救う会の事務局メンバーと共に参加した。 私自身、「姜宇奎さんを救う会」の事務局として1978年から救援会の運動にかかわり、2014年12月に再審無罪を勝ち取るまで家族と共に闘いぬいてきた。 翻訳を監修し、出版記念会の主催者である石坂浩一さん(立教大学平和・コミュニティ研究機構代表)さんは陳斗鉉(チンドゥヒョン)さんの会の救援会を担っていた人でもある。出版記念会のメイン講演は著者の金孝淳さん自身だ。再審裁判にかかわった弁護士も韓国から駆け付け、大盛況だった。 著者はハンギョレ新聞の創刊に関わり、その主筆をしていた。92~95年には東京特派員を務めた人であり、講演は日本語で行われた。 本書は15年に韓国で出版され、跋文を李錫兌(イソクテ)弁護士が書いている。彼はセウォル号惨事特別調査委員会の委員長だった著名な弁護士で、姜宇奎さんの再審弁護団長でもあった。 本書は全12章400㌻に及ぶ大書であり、100名を超えると言われる在日韓国人政治犯の中の留学生スパイ事件に焦点を当てて書かれている。スパイ事件全体を平均的、抽象的に描くのではなく、特定の個人の事件、人生を深く掘り下げることを通して、全体像が浮かび上がる手法を取っている。 例えば第2章「思想まで罪に問われた在日青年」は、金元重(キムウォンジュン)さんのことが中心だ。金元重先生は第2回公判で検事の質問に対して、「経済学徒としてマルクスとレーニンを尊敬する」と答えた。反共が国是であり、スパイ容疑で死刑宣告を受けるかもしれない裁判で、彼は一石を投じたのだ。金元重さんは、本書の出版にもとても大きな役割を果たされている。 本書を読んで痛感することは、スパイ事件のでっち上げには日本の公安調査庁が深く関わっているということだ。佐野一郎という元公安調査庁職員が韓国の保安司令部の在日協力網において中心的な役割を果たした。佐野は陳述書を提出し、韓国の法廷で証言をしてスパイ捏造事件に加担していることが本書で暴露されている。 死刑囚だった康宗憲(カンジョンホン)さんや李哲(イチョル)さんが死刑執行の恐怖を経験したくだりは想像を絶する。 「1980年12月末、死刑が確定した一般囚2名が処刑された。……朝の点呼が終わりのんびりしていると、見たことのない刑務官が監房の扉を開けた。彼は康宗憲の囚人番号を呼び教務課の呼び出しだから出てこいという」(258㌻)。康宗憲さんは死刑執行の時がきたと思ったそうだ。実際は反共講演会に連れ出されたのだが。死刑確定者は毎日が処刑の恐怖との闘いであることがわかる。 重い一冊であるが、400㌻を一気に読んで40年が駆けぬけるのを感じた。 (明石書店 3600円+税 )

第15号(P.7)日台連帯 【見出し】 「リストラやめろ!」 富士ゼロックス本社に抗議

11月5日朝、台湾から来日した桃園市産業総労組書記のウーチャホンさん、そして8・6ヒロシマ大行動にも参加した通訳兼コーディネーターのワンヤパンさんとともに、合同・一般労組全国協と動労千葉国際連帯委員会の仲間が東京・赤坂の富士ゼロックス本社に抗議・申し入れを行った。 日本の富士フイルムと米ゼロックスの合弁企業である富士ゼロックスは今年、全世界4万7千人の従業員のうち約1万人の人員削減・年間500億円のコスト削減の大リストラを打ち出した。台湾の事業所では、300人の解雇に反対し、台湾富士ゼロックス労働組合の400人が11日間のストライキを決行した。 マイクを握ったウーさんは出勤する労働者に「闘って全世界1万人規模の大量解雇を止めよう」「日本の労働者も、ともにストライキに立ち上がろう」と熱く訴えた。 続いての本社への申し入れ行動では、なんとビル管理会社の人物が登場し「対応できない」「帰ってください」の一点張り。誠実な対応を求めて参加者がロビーに座り込む(写真下)と、許しがたいことに10人以上の警察を導入して排除しようとした。しかし、ウーさんを先頭にこれを弾劾し、不当な解雇計画の撤回を求める要請書を突きつけた。 これに先立ち、10月29日には広島連帯ユニオンを先頭に富士ゼロックス広島市支社の前での抗議行動も行われ、注目を集めた。解雇阻止へ、台湾の仲間とともに闘おう。真ん中の写真の絵解きは、広島連帯ユニオン、動労西日本、婦民全国協広島支部などからの檄布を贈呈

第15号(P.6)11・3労働者国際連帯集会が大成功

第15号(P.4~5) 欧州 ストライキの波 EU全域に拡大

世界恐慌と戦争切迫情勢の中で、労働者階級人民の新自由主義政策への怒りがEU・ヨーロッパ諸国で爆発し、ストライキの波として東西に拡大している。英仏鉄道労働者、公共部門労働者のストライキ  フランスでは、昨年1年にわたり、マクロン政権の労働法制改悪(労組との団体協約よりも職場の就業規則を優先する)攻撃に対して全労働者のスト・デモが闘われた。 これをひきついで、国鉄労働者への既得権?奪と貨物部門民営化に反対するストライキが、今年4~6月、毎週「2日スト」という限定された形での断続ストとして展開された。これに、大学進学制度の改悪に反対し、校舎・教室占拠で闘っている大学生と高校生が連帯を表明し、ピケに合流した(第10号既報)。 体制内指導部の制動を破り、マクロン政権打倒のゼネストへ向かう継続ストをかちとる闘いが進んでいる。 EU脱退をめぐって政治的激動のただなかにあるイギリスでは、「1人乗務」(車掌廃止)の攻撃に対し、RMT(鉄道港湾運輸労組)が、数年来のストライキ闘争を各地で継続し、ョを破り、マクロン政権打倒のゼネストへ向かう継続ストをかちとる闘いが進んでいる。 EU脱退をめぐって政治的激動のただなかにあるイギリスでは、「1人乗務」(車掌廃止)の攻撃に対し、RMT(鉄道港湾運輸労組)が、数年来のストライキ闘争を各地で継続し、「1人乗務」の導入を全列車の30%に食い止めている(第6号既報)。このほか、新自由主義による医療・社会福祉・教育などの公共部門労働者への賃金カット・要員削減などの攻撃に対してストライキが拡大している。 イタリア、ポーランドなどでも、緊縮政策に抗して公共サービス労働者がストに立っている。非正規職労働者の国境をこえた統一ストの拡大 格安航空(LCC)でEU全域にわたり最大の勢力を誇っているライアンエアーで、ドイツのパイロットを先頭とし、客室乗務労働者・地上勤務労働者も含めたストライキが、イギリス・イタリア・ベルギーなど数カ国との統一行動として、今年7月に打ち抜かれた。臨時契約の派遣労働者が大多数で、低賃金・過酷な労働条件を強制され、怒りを爆発させたのだ。 一方、流通業界の世界的大手であるアマゾンは、商品の「即日配達」を看板に、ヨーロッパでは英独仏・イタリア・スペイン・オランダなどに業務を拡大してきた。 工場のような巨大な倉庫で、集荷のために走り回らされる非正規職労働者が、こうした業務を支えてきたのだ。今やアマゾンの労働者は「われわれはロボットではないぞ」「奴隷労働反対」の怒りの声をあげて、これらの諸国で昨年来国境をこえて連帯し、ストライキに決起している。■中東欧の反動的・排外主義 的政権に反対するデモとス トライキの高まり 1991年まで東欧スターリン主義圏内にあったポーランド・チェコ・ハンガリーなどの諸国(オーストリアを含めて、中東欧諸国と呼ばれる)は、EU資本にとって「低賃金地帯」として自動車産業などの工場移転の対象となり、サプライチェーン(部品供給網)の一環に組み込まれてきたが、2007~08年世界恐慌の爆発の過程で登場した排外主義的右翼政権の新たな攻撃のもとで、労働者人民が積年の怒りをデモやストライキで爆発させている。 ここでも、キーワードは、階級的労働運動と国際連帯である。写真は、上から①フランス国鉄労働者の構内集会 「われわれは反乱に立った」(7月)②アマゾン・ドイツのストライキ集会 「ストライキ決行中」「会社は団交に応じろ!」(7月)③ポーランドの首都ワルシャワの夜間集会 政府の反動的司法改革に反対(7月)

第15号(P.2~3)「11・21ゼネストへ!」韓国・労働者大会に動労千葉が合流

11月10日、韓国・ソウルで開催された、民主労総の「積弊清算!労組活動の権利!社会大改革!11・21ゼネスト宣言!チョンテイル烈士精神継承2018全国労働者大会」に、90人の動労千葉訪韓団が合流。日本での11・4労働者集会&改憲阻止!1万人大行進に続く「東京―ソウルを結ぶ国際共同行動」として民主労総ソウル地域本部とともに闘いました。 2016~17年にかけてパククネ前大統領を打倒したろうそく革命の舞台となった光化門に続く大通りを6万人の労働者が埋め尽くし、大統領府に迫るデモも行われました。教育労働者が全教組を訪問 11月12日、横須賀と東京の教育労働者、大行進横須賀の仲間とともに、青瓦台近くの全教組組合員の籠城闘争現場を訪問し、首席副委員長のパクオクチュさんと交流した(写真一番上)。 ロウソク革命でパククネを倒し、ムンジェインはいいことを約束したが、実際は逆のことをやっているんですよと、パクさんは怒りをこめて語った。給料を上げる約束も実行せず、いろいろな事業、医療まで民営化するために競争が激しくなっている。だから、たくさんの労働者は怒って集会に参加したんですよと。しかし、実際は激しい組織化のとりくみによって実現したに違いない。 20~30歳代の若い教育労働者の組織化は共通の課題だ。若い人に対する労働者教育が大事で、第一は皆で集まること。二番目は全教組がつくった教材、自ら集めた情報を基にして、みんなで一緒になって学習することだという現状は日本とそっくりだ。 私たちも、日本帝国主義に反対し、学校・職場から改憲・戦争反対に連帯して闘うこと、交流を深めることを約束した。各地域・支部同士の交流と連帯、学習を通して、具体的な交流を進めたい。 11・21韓国ゼネストの勝利に連帯し、「徴用工」「軍隊慰安婦」をめぐる排外主義との闘いを強化し、安倍政権打倒、改憲阻止に巨万の労働者の闘いを必ず組織する。共に闘おう! (改憲・戦争阻止!大行進神奈川結成準備会・品川孝司) 動労千葉訪韓団は、11日には、ファインテックコリア労働者の高空籠城闘争現場(P.1 ④と⑤の写真)と青瓦台前の公務員労組籠城テント(写真、上から4番目)を訪問。さらに旭非正規職支会支援共闘会議の清水彰二事務局長、港合同昌一金属支部の木下浩平委員長を始めとする10人が亀尾(クミ)市・AGCファインテクノ韓国の正門前にある旭支会の籠城場を訪問し、今年の春と10月に来日した組合員たちと交流した(写真一番下)。東京西部ユニオンの青年労働者は、日本の11・4集会で旭支会の闘いの劇を全国の青年労働者とともに上演したことを報告。「旭支会のように労働組合を作り人間らしく生きる」と述べ、旭支会の組合員は「諦めない、負けないという心で勝つまで闘う」と断言した。

第14号(P.7)ドイツ 鉄道労働者国際連帯集会が成功

ドイツ・ベルリンで8月21日、GDL(ドイツ機関士労組)ベルリン都市鉄道支部のクルト・シュナイダー支部長の呼びかけで、民営化と労働組合破壊に反対する集会が開催されました。 この集会に、訪独中の動労水戸も参加。さらに鉄道労働者がストライキを闘っているフランスからも教育労働者が参加し、国際連帯集会となりました。 この集会は、GDLだけでなくEVG(鉄道・交通産業労組、「国労」)のメンバーも参加。組合の枠をこえ、民営化と労組破壊に反対する闘いの出発点を築く画期的な大成功を収めました。 あいさつに立ったクルト支部長は「私企業に株を売却する民営化の目的は賃金を低く抑え、もうけを増やすことです。労働条件の悪化は、民営化されればよりドラスティックに進むでしょう。政府も企業と一体で利潤を増やしコストを節約していく方向に立っています。私たちが抵抗して闘わなければ民営化の流れを止めることはできません。ひとつの労働者としてひとつの鉄道にいるんだという自覚をもち、全体で闘おう」と述べました。続いてEVGのマティアス支部長が、これまでの取り組みで世論が一定程度、民営化に反対する組合に味方してくれるようになったことを報告しました。 動労水戸の木村郁夫書記長は国鉄分割・民営化反対闘争と現下の闘いについて報告。福島第一原発事故以降の被曝労働拒否闘争への取り組みを語り「私たちはこれ以上の被曝強制を許さず、日本の核武装を止めるために、ストライキを闘い続けています」「今日、世界中で労働者のストライキが闘われています。私たちは日本の労働運動をよみがえらせ、世界の労働者と団結して、戦争と民営化によって労働者の命が奪われている社会を変えていくために闘っていきます。共に闘っていきましょう」と訴えると、会場から大きな注目と拍手が寄せられました。 フランスの教育労働者ラファエルさんも報告に立ち、「フランス国鉄労働者のストライキに学ぼう」「自分たちができること、共通点がはっきりした。GDLとEVGがともに進めば大きな効果がある」など、質疑や発言も積極的に出されました。 最後にクルトさんが「この2時間で、前に進めるという実感が強くなった。ともに学んで討論していきましょう」とまとめ。その後の交流会も盛り上がりました。(動労千葉国際連帯委員会・内田しをり)